GooglePlayブックスの検索結果 - 電子書籍タイトル検索GooglePlayブックスの検索結果 - 電子書籍タイトル検索

タイトル GooglePlayブックス の電子書籍が3件見つかりました

世にも珍しい「ホットドッグ種」のサクは、 小学2年生のユイと仲良し。 楽しいクリスマスパーティを終えたあと、 幸せだったユイに、突然の災厄がおとずれる……。 極限状態のなかで、ホットドッグ犬のサクは、 ユイのために何ができ...
0円~200円のあいだを選ぶことができます。 もちろん、無料ダウンロードも大歓迎です。 ボイジャー社のRomancerにてマイクロソフトWord2016でEPUBデータを作成しました。 セルフパブリッシング作家の牛野小雪はWo...
2013年9月13日に「Google Playブックス」の販売管理画面「パートナーセンター」がリニューアルされ、メニューが日本語化(一部を除く)されました。登録を試してみたので、やり方についてまとめてみました。「日本独立作家同盟」ブログに無...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 読んでいると何故か西村賢太が頭に浮かんできた。本人曰く谷崎みたいだけど。
    ★★★★★
  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
  • ホラーミステリーというカテゴリー付けですが、長編サスペンスのような緊張感に包まれて読み、引き込まれていきました。エンディングに向かう頃にはハラハラドキドキが止まらず、いったい結末はどうなってしまうのかという期待と予想に完全包囲されてしまいました。主人公姉妹の数奇な生い立ちや運命、理不尽な試練、そして怒りや復讐という、心の奥底に沈積した重い怨念を餌に生き、社会では頭角を表してゆく様が、この肉食のアロワナの不気味に光る魚体に表されたのかと思いました。(ネタばれしちゃいますか?スミマセン)
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法