孤雁ー陸羽茶癖孤雁ー陸羽茶癖

スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 0円
    • 8xxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 9xxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 4xxxxxxxxxxxxx
    • 0円

概要・あらすじ概要・あらすじ

「孤雁―陸羽茶癖ー」湊令子(100枚)中国・ 唐・楚の人、陸羽、字は鴻漸は茶の道をきわめ、いまや八十翁として太湖のほとりで老いの身を養っている。その老残の陸羽の心中を去来するものは何か。陸羽は、自分の出生から死に向かう一本道の生涯を回想する。西湖(竟陵)のみぎわに孤児として捨てられ、雁の羽交いのもとに生きていた赤子、それは陸羽の初存の生を痛ましくもまた鮮烈に位置づける。智積禅師に救われるが、禅門になじみえずついに還俗する。だが醜男でどもりで孤児の陸羽は、安禄山の乱を避け、兵火戦乱の世から隠遁し、漂泊のなかでひたすら茶の道を尋ねわけていく。大暦8年(773)、顔眞卿が湖州刺史として左遷されてきたとき、公の主宰するサロンに集まった大暦の才子たちの中でも彼はひときわ異彩を放った人物であり、顔眞卿畢生の大著『韻海鏡源』360巻という古典編纂事業の中心となって協力した一人でもある。茶の道は、陸羽にとって他者への表現ではなく内へ向かう果てしなき内省の旅であった。そして生涯への真の追懐は、陸羽のみならず何人にとっても、死への認識に思いをめぐらすことなのであろうか。
カテゴリカテゴリ 歴史・時代 ファイルファイル PDF形式
閲覧数閲覧数 2,386 販売数販売数 3
平均評価平均評価 0 読了目安読了目安 約0分
タグタグ 中国 唐代 陸羽
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで孤雁ー陸羽茶癖を共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

コメントはまだありません