カラ・ブラン ー黒き砂嵐ーカラ・ブラン ー黒き砂嵐ー

スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 0円
    • 8xxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 9xxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 1xxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 4xxxxxxxxxxxxx
    • 0円

概要・あらすじ概要・あらすじ

「黒き砂嵐 ーカラ・ブランー」歴史小説 湊令子作(400字換算150枚 PDF)パオの入口に佇んで向き合うゴビの沙漠は、まだ収まりきれない砂塵に厚く覆われて、曇天のように陰気に閉ざされていた。暗灰色の空は陽の光も漏らさず、風になぎ倒されたタマリスクの茂みが、わずかな起伏をみせた。保大四年(1124)甲辰、秋七月、遼王朝(916〜1125)の滅亡を目前に、主君耶律大石(やりつたいせき)(1087〜1143)に従ってわずか二百騎、不毛の沙漠を西へ西へと流離の一歩を踏み出してから早や五年、それより先、南都燕京の町はずれで、大石との宿命的な出会いをもった日から数えれば、すでに十年に近い歳月が流れていた。今、こうしてわずかな部下を供に、意に添わぬ漢土への帰路を辿っている。ひとたび胡沙吹けば、たちまち万丈。古来西域と呼ばれる天涯の果てに、新天地を求めて漢土を去ること数万里。そこは流砂の沙漠と峻厳たる連山だけの苛酷な原野だった。主君耶律大石が目指すスルタンの国、サマルカンドまではいったいどれほどの行程であろうか、李元璋は、ビシュバリクでかいま見た不確かな西方の地図を瞼の裏に描き直す。北海の湖上をわたって吹く風は厳しく肌を刺し、アルタイの山脈にあたって吹き下ろす朔風は雪を運び、大地を深く凍らせるのだろうか。それとも水温む春には凍土も融けて、草原に白草の萌えたつこともあるのだろうか。遠い先祖の昔、西域という大舞台を踏んで登場した歴史の動因者たち。荒漠たるモンゴル高原を馬駆けてひた走り、あるいは荒茫とした深い流砂を駱駝の背にゆられながら往来した胡人たち。その沙漠の民たちの激しい血潮が、再び大石のなかに甦り、いま大石を駆りたてて西域の胡沙を舞台に、新しい一大史劇を演出さそうというのであろうか。
カテゴリカテゴリ 歴史・時代 ファイルファイル PDF形式
閲覧数閲覧数 2,926 販売数販売数 4
平均評価平均評価 0 読了目安読了目安 約0分
タグタグ 中国 耶律大石
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトでカラ・ブラン ー黒き砂嵐ーを共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

コメントはまだありません