文学 > 詩歌・俳句の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索文学 > 詩歌・俳句の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索

カテゴリ 文学 > 詩歌・俳句 の電子書籍が1件見つかりました

「茴香の黄(三部作)鎌田みつ子遺歌集」催花雨(さいかう)・茴香の黄(ういきょうのき)・海紅豆(かいこうず) 「あとがき」より  いつのまにか一世紀のほとんどを生きてしまいました。せめて生きたあかしなと遺せればと思い、娘に自家製短歌集『茴...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
  • ホラーミステリーというカテゴリー付けですが、長編サスペンスのような緊張感に包まれて読み、引き込まれていきました。エンディングに向かう頃にはハラハラドキドキが止まらず、いったい結末はどうなってしまうのかという期待と予想に完全包囲されてしまいました。主人公姉妹の数奇な生い立ちや運命、理不尽な試練、そして怒りや復讐という、心の奥底に沈積した重い怨念を餌に生き、社会では頭角を表してゆく様が、この肉食のアロワナの不気味に光る魚体に表されたのかと思いました。(ネタばれしちゃいますか?スミマセン)
    ★★★★★
  • 読んでいる間、私の頭の中では映像が流れ、声も出て まるで映画のようにストーリーは進みました。結末にも大満足でした。
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法