文学 > ノンフィクション・ルポの検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索文学 > ノンフィクション・ルポの検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索

カテゴリ 文学 > ノンフィクション・ルポ の電子書籍が4件見つかりました

 椅子にまつわる雑学やウンチクを、奇妙な角度から書き付けたエッセイ調の一冊。世界で一番大きな椅子、呪いの椅子、なぜ椅子の脚は四本なのか、奇妙な美学をもつ椅子デザイナー、王座にまつわる話、など椅子のことばかり書いています。  北尾トロ主催の...
都心からさほど遠くない川で牛が水浴びしているのだという。それも1頭や2頭じゃない。何十頭という牛が放牧されているそうな。ほんとかね? 真相を突き止めるべく愛用のカヤックで勇躍漕ぎ出し調べてみた。 (初出=雑誌「季刊レポ」6号) 文字数=...
 日本には 6,852 の島がある。しかし、その中で人間が居住しているのは400 ほどでしかない。  ベールに包まれた数多の島々のうち、首都東京から一足の距離にありながら、まったくその存在が知られていない三つの島がある。  俗に「東京湾...
映画にもなった「白いメリーさん」が30年通ったという横浜・福富町の焼き鳥屋。 メリーさんの話を聞こうとオーナーにインタビュー。しかし本当に興味深いのはオーナー自身の生き様だった。 米兵、ヤクザ、ヒッピーたちが繰り広げた横浜・横須賀の...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
  • ホラーミステリーというカテゴリー付けですが、長編サスペンスのような緊張感に包まれて読み、引き込まれていきました。エンディングに向かう頃にはハラハラドキドキが止まらず、いったい結末はどうなってしまうのかという期待と予想に完全包囲されてしまいました。主人公姉妹の数奇な生い立ちや運命、理不尽な試練、そして怒りや復讐という、心の奥底に沈積した重い怨念を餌に生き、社会では頭角を表してゆく様が、この肉食のアロワナの不気味に光る魚体に表されたのかと思いました。(ネタばれしちゃいますか?スミマセン)
    ★★★★★
  • 読んでいる間、私の頭の中では映像が流れ、声も出て まるで映画のようにストーリーは進みました。結末にも大満足でした。
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法