文学の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索文学の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索

カテゴリ 文学 の電子書籍が63件見つかりました

人気グルメ番組「週刊B級グルメイト」のディレクター・キジマは ネタ切れに悩んでいた。彼が企画提出期限ギリギリに思いついた秘策 とは? 謎のB級グルメ「かぶらやき」をめぐるB級ヒューマンドラマ 〈レリゴー!Bグル取材班〉シリーズ開幕! ...
LINEグループで1万人を超える会員を率い、「若者の神」とさえ呼ばれたカリスマ高校生、 「帝越コク」こと黒川祐希氏と、Twitterのアーリーアダプターで著名ブロガーのわさらー氏 による約一時間の対談を収録。ネットとともに生きてきた「デ...
Twitterで大人気のツイッタラー、わさらーが語る、Twitterの歴史本です! 本書出版の時点で7年目になるTwitter暦があるわさらーが、黎明期から 見続けてきたTwitterのいろいろな出来事とは。話題を呼んだついキャス ...
僕がこの作品で描いている認識の世界では、世界の姿は、誰もが望んだように定まります。 現実の世界では必ずしもそうではないかもしれません。しかし僕は創作家として、思いや 願いのままに世界が定まって欲しいと希わずにはいられないのです。うまくい...
世にも珍しい「ホットドッグ種」のサクは、 小学2年生のユイと仲良し。 楽しいクリスマスパーティを終えたあと、 幸せだったユイに、突然の災厄がおとずれる……。 極限状態のなかで、ホットドッグ犬のサクは、 ユイのために何ができ...
0円~200円のあいだを選ぶことができます。 もちろん、無料ダウンロードも大歓迎です。 金沢市在住のインディーズ作家・忌川タツヤの身辺雑記です。 セルフパブリッシング活動の記録でもあります。 収録文字数:約17,000字 ...
0円~200円のあいだを選ぶことができます。 もちろん、無料ダウンロードも大歓迎です。 ボイジャー社のRomancerにてマイクロソフトWord2016でEPUBデータを作成しました。 セルフパブリッシング作家の牛野小雪はWo...
【あらすじ】 「入院1年、絶食9カ月。」 46才の小説家を襲った病魔の数々。症例なしと診断され、胃の全切除を宣告されるが──。 笑いとリアリズムで綴る実録エッセイ。ゆるコワ入院日記! ☆本書に登場する病気たち。 良性胸腺腫・胃...
若書きのまぼろしのホラーです。第2回日本ホラー大賞候補作「赤い羽根の秘密」とともに投稿した作品を全面改稿しました。
「異なる形」「宿の木」「ばぬんば」「残水」「屋上から魂を見下ろす」「ベジタリアン」「人的資源」「ふとん」「アムの牛」「いって、かえってくる」「シンデレラのチーズ」「連鎖性」「32」「黒水」「レベル5」「アクロバット」。  かつて『異形コレ...
阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた宝塚市仁川百合野町地区。地すべり資料館で紹介されているその復興までの軌跡に思いを馳せながら、桜咲く山を登る。人知れず、それでも強く佇む小さな山、甲山。 全文:9416文字
まえがき 1章 「見た」ことの特別性 2章 見るという体感 3章 生き方 あとがき・参考資料
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第5弾! 記念すべき5冊目のテーマは「5」。 5人の書き手による5つの「5」にまつわるお話をお届け。 〈収録作品〉 これこ  「五ツ葉のクローバー」 楢野葉  「ver.2015」 ...
創作文芸板で絶賛!コメントの一部を引用! >今のところ五月のどの作品もシュガレポに届かないな やっぱシュガレポ神だわ >殿堂入り一位 シュガーレポート >シュガレポの方が十倍面白い >シュガレポは本当に素晴らしいな 今日も読...
『崖っぷち書店 刊行案内』では崖っぷち書店が刊行した本の内容を紹介しています。『余命500時間の心臓』『藍の炸裂』『男の森の小裸』『異伝記』『ごくつぶし』『不狼紀』『俗篇』など紹介、本文と挿絵の一部、および刊行案内が収録されています。
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第4弾! 今度のテーマは「卒業」。 別れの季節にまつわる5つのお話を収録。 〈収録作品〉 笹原祥太郎「霧中スプリング」 楢野葉  「ゴーン・アウェイ」 これこ  「To cr...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第3弾! 今度のテーマは「秋の味覚が出てくるお話」。 収穫(=Harvest)の秋に読んでみたい、5つのお話を収録。 <収録作品> これこ  「ひび割れざくろ」 山田宗太朗「...
なんでも数値化して物事を考える僕と、「いかれた三月ウサギ」のあだ名をつけられた変人、宇佐見弥生。 興味が沸いたらなんでもかんでも研究する、宇佐見弥生の『ウサちゃんの一人遊び』に巻き込まれた僕は……? ちょっと変わった僕と三月ウサギを描い...
ホストファミリーをやっている我が家にやって来たドイツ人カメラマン。そしてドイツ人カメラマンは問いかけます。 「日本のアニメはどうして子供が闘うの?」 日々消費されているアニメーションと、少年兵たち。そしてドイツ人カメラマンは少し...
かつて、周辺国家との利権を伴う軍事的衝突や搾取的な労働により、民衆から闇の時代と 称された小国ベリエルグの悲惨な歴史は、革命組織ウインドウォーカーズによって覆され、 一時は光の時代が訪れたかに見えた。 だが、その後急速に生み出され...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第2弾! 『バレンタイン』をテーマにした5つの掌編を収録。 甘かったり酸っぱかったりほろ苦かったり。 チョコレートのような物語りをお届けします。 <収録作品> 楢野葉  「水...
「浮気」や「家族関係」をテーマとした大人向け短編小説集です。 ネット社会における男女のコミュニケーション、出会いとその顛末を、幸不幸織り交ぜて描きました。エピローグ(小品「月曜の恋人」)付。 1.『既婚同士で話しませんか?』 早朝...
若い頃に描いた未来予想図とは正反対の暮らしを送る男。仕事と育児に翻弄されため息ばかりの日々。 ある日、ベビー用品店で赤ん坊を取り違えたのではないかと疑問を持ち始めるが、その日を境に、人生が大きく転換することに。 やがて「現実」の世界は、...
 長編ミステリ『雪割り坂の殺人 思い出せないプロローグ』です。無償でダウンロードできるのは、その半分強というところ(それでも薄い文庫くらいの分量はあります)。若干のエラーが含まれたepubファイルなので、まず無償版で自分の読書環境で読めるか...
 私たちも、生きている。  個人による科学活動が、国によって奨励されている世界。SERNが発表したSERN十三の声明。新興企業エレクトリックカンパニー。たった二人だけの科学サークルTSラボ。 複雑に交差する世界。様々な出来事...
Kindleストアで発売中の「戦う僕らのRGB」シリーズのスピンオフ短編集です。 本編「戦う僕らのWhiteクリスマス」までのネタバレを含みます。 気軽に書いたものなので気軽に読んでいただけたら嬉しいです。 --------- ...
少女が目を覚ますとそこはみたことのない不思議な世界でした。 少し不器用なあなたに贈る、心にしまった“愛す”を掘りおこしに行く為のものがたり。 読み終わった時にはきっと心に届く何かがあるはずです。 全189ページ ◆目次 ...
 電子書籍公開のテスト、および練習として公開される18ページほどの短編小説です。  公開中の長編ミステリ『雪割り坂の殺人』には、長編小説の他に複数の短編が付随する構想があります。その短編第一号として執筆されました。内容は、『雪割り坂の殺人...
技術革新が限界を迎え閉塞感の漂う近未来。火星という新たなフロンティアを開拓する プロジェクト間競争が激化し、都市経済の中枢を担っていた。火星を目指す者たちと、 地球に留まろうとする者たちの対立もまた、深まっていた。 夢を自由自在に...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集! 知りたがりの変人と地味で普通な佐藤くんを描いた青春小説「三月ウサギは知っている」 古い友人との再会に向かう中、僕を包む違和感の正体は?近未来SF小説「ヴァージョンBの世界」 スカンディナヴィ...
眠らない街、新宿。多くの人間が行き交うところに集まってくる《あれ》からその街を守る“シェパード”、コウ。 何の疑問も持たず、淡々と自分の仕事をこなしていたコウの元に、ある日“ネコ”と名乗る女が現れて―― 街を人知れず守る“シェパード...
「高野麻葱短編集(二)市松人形」高野麻葱(短編集八編400字換算120枚)「※市松人形 ※おかめ ※火の饗宴 ※萩 ※執着 ※逆縁 ※敷居 ※別れ」 「市松人形」主人公と同年の人形に着物を新調し、自分の死後、人形に先祖代々続いた家を託す。...
とある運転手のタクシーに乗ると、人は時間を超える。 1000文字で書かれた掌編20作品です。 作品は以下のサイトで無料公開しています。 http://www.1000moji.com/member/1025/contents
「紅先笄」(くれないさっこう)高野麻葱(現代・短編小説400字換算60枚)   還暦を過ぎた五人の同級生が久しぶりの食事会を開く。三人は既婚者で二人は独身、お互い生活環境は違うが一応生活は安定している。しかし、ひとりひとりが抱えている問題...
短編小説集(一)「満月」高野麻葱(短編3部作「満月」「見知らぬ女」「雪」400字換算100枚)華やかな花街の一隅にも光の当たらない女の一生がある。 ※「満月」戦争さえなかったら歩むべき道も変わったひとりの女が、自分の人生を埋めた花街の一隅...
「湖底の墓」高野麻葱(現代・短編小説400字換算50枚) 驟雨さえなかったら出会うことがなかった男女。二人が交際して行く中で男は女の借財のため多額の借金を背負ってしまう。借財の返済のめどが立たず、坊ちゃん育ちの男は、その苦悩に耐えきれず旅...
  「当惑せる場所」 高野麻葱(現代・短篇七十枚)  クレーの「当惑せる場所」その絵を見た時期、作者自身当惑せる事件に遭遇していた。「当惑せる場所」と題した絵には中央に何かを探索しているような人間が描かれている。何ものかに脅え、何処かに逃...
【本文は英語です】 海辺の町で暮らしている少年。 早生まれがコンプレックスで、スポーツが苦手。 でも、家族の愛情に包まれて育っていた。 そんな少年を襲った不幸、大震災と津波。 絶望の中から、引っ越した先での新たな出会い。 ...
海辺の町で暮らしている少年。 早生まれがコンプレックスで、スポーツが苦手。 でも、家族の愛情に包まれて育っていた。 そんな少年を襲った不幸、大震災と津波。 絶望の中から、引っ越した先での新たな出会い。 スポーツを通してた...
もし、ナポレオンがエジプトへ遠征しなかったら、ロゼッタ・ストーンの発見はなかったかも知れない。このなんの変哲もない黒い玄武石に、象形文字、古代民用文字・ギリシャ語の三書体が並列して書かれていなかったならば、古代エジプト文字の解読はなされず、...
独学でも勉強は出来る、ユウの言葉に母親は夢みたいなことを言うなと一笑する。進路に悩むユウを支えたのは同級生のリョウ、心と体にハンデを持つ親友二人が支え合って生きた束の間の青春。ユウはリョウの助けで上京する。念願の音楽の道でユウは生きる。 ...
これまでに書いてきたついのべ(ツイッター小説のこと)を、一冊の同人誌としてまとめました。 140文字の連なりが織りなすついのべの楽しさを感じていただけるよう、自由でやわらかい 雰囲気で編集してあります。ぜひこの機会にお楽しみください。:...
「螺旋階段」高野麻葱著(現代・短編400字換算70枚 )パリの古いアパートを訪れた作者は、そこにある螺旋階段を登りながら、この階段を上下している異国の人の生活をふと思っていた。裕福な人が住むアパートではない。閉ざされたドアの向こうの生活など...
もはや人気があるんだかないんだかわからない話題作 『せどりっ放しジャーマン』 とうとう三巻目です。 とうとうとか言いながら多分今月中にもう何冊か出ます。 今回はテレビ取材を受けた話とか入ってますよ奥様。
1000文字で書かれた超短編小説を5本収録しています。 手軽にサクッと読めます。 ジャンルは一応、純文学になりますが、本編はちょっとミステリーっぽい感じです。 目次 1.タイムマシーンタクシー 2.タイムマシーンタクシー ...
「大日さん」高野麻葱著 (長編小説 320枚 )PC/iPad=PDF 昭和の初期京都の西陣という町の一隅に賃機屋が機音を通りに流し、日雇いの職人達が暮らす、貧しさが渦巻く町があった。誰かがその町を「吹き溜まりの町」と言った。もうその...
太陽の失われた街。死者の魂からなる霧に包まれた世界。霊魂を操ることのできる導師である グレフは、あるひとつの、禁断の実験を行おうとしていた。世界を、混沌から救い出すために。 その方法とは、幼いころから密かに思い憧れていた、魅惑の肢体を持...
結果も考慮せずに早速vol2を作成。 本書も当然ながらせどりに役立つ情報は一切記されておりません。 役には立ちませんが、せどりにまつわる腰爆砕のエピソードが満載です。 今回も皆さんの失笑を買えたなら幸いです。 第5号...
江ノ島の海岸で出会った好美とテルミ。ふたりの女性に関わりながら、複雑な人間の心に翻弄される彰夫。自分に何ができるかではなく、自分にとって何が大切なのか…やがて、ふたりの女性の海溝のように深遠な心の奥底に、唯一無二なものがあることを発見してい...
本誌は著者 横手隆のせどり、転売に関する失敗、間違いエピソードを中心にせどりについて役に立たない情報をアプローチしたコメディーエッセイであり、著者同名メルマガ『せどりっ放しジャーマン』の内容に加筆修正、書き下ろしを加えた物である。 最...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 読んでいると何故か西村賢太が頭に浮かんできた。本人曰く谷崎みたいだけど。
    ★★★★★
  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
  • ホラーミステリーというカテゴリー付けですが、長編サスペンスのような緊張感に包まれて読み、引き込まれていきました。エンディングに向かう頃にはハラハラドキドキが止まらず、いったい結末はどうなってしまうのかという期待と予想に完全包囲されてしまいました。主人公姉妹の数奇な生い立ちや運命、理不尽な試練、そして怒りや復讐という、心の奥底に沈積した重い怨念を餌に生き、社会では頭角を表してゆく様が、この肉食のアロワナの不気味に光る魚体に表されたのかと思いました。(ネタばれしちゃいますか?スミマセン)
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法