立方体都市立方体都市

著者

犬吠埼一介
犬吠埼一介さん
プロフィールを見る
エンタメ大衆小説を書いてます。売れない創作家だけど最後まで書くことを諦めません。目標は西尾維新先生です。座右の銘「強者専横を懐疑し、弱者に寄り添う言論を。世界のリデザイン。慈悲こそが最高の力」「思いの...
スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する
Bitcoinバックの対象商品です25円分のBitcoinをキャッシュバック


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 0円
    • 2xxxxxxxxx
    • 0円

概要・あらすじ概要・あらすじ

僕がこの作品で描いている認識の世界では、世界の姿は、誰もが望んだように定まります。
現実の世界では必ずしもそうではないかもしれません。しかし僕は創作家として、思いや
願いのままに世界が定まって欲しいと希わずにはいられないのです。うまくいかないこと
がこれほど多い世界だからこそ。人々の流した哀しい涙は絶対に無駄ではなく。礎として
すばらしい未来へと必ず繋がっているのだと。不屈の信念によって信じ抜くことで世界を
変えようと思ったのです。僕の旅にどうかもうしばらくお付き合いいただければ幸いです。
僕だけの旅ではありません。これは悠久の旅路です。誰もが自由気ままに参加することが
できます。思いの力で、世界を変えて、幸せになろう。そう思い、願い、希ったのならば、
現実の世界は認識の世界へと変わります。新しい未来はすぐそこにあると気がつくのです。

140文字の繋がりが作り出す世界観を堪能できるツイッター小説の技法を取り入れつつ、
それぞれのツイートが連続してひとつの小説になっている独自の表現も駆使しております。
荒々しく、熱く、情熱的な、昔の犬吠埼一介ならではの原初的な躍動感が魅力の作品です。

・第一章 立方体都市
 売れない創作家の頭の中にある街、アイデアシティで働く文字たちの話。

・第二章 価値観戦争
 そこから飛び出した、犬と猫のふたりが旅をする話。

・第三章 クオリア
 暗闇の街で生きてきた子供たちが、光を取り戻す話。

小説:犬吠埼一介
イラスト:SUN介

界隈で話題になっている、九作品の中編小説からなる「犬吠埼ナイン構想」という
サーガの一番目の章作品です。この作品から読み始めても問題なくお楽しみいただ
くことができます。オフィシャルサイトでさらに詳細なご紹介を掲載しております。

犬吠埼一介のホームページ: http://inubousaki-ikkai.kir.jp/
電子書籍普及委員会(電書会) 公式サイト: http://inubousaki-ikkai.kir.jp/denshokai/
(↑女性声優さんによる高いクオリティのボイスドラマ風朗読版も無償で掲載しています)
カテゴリカテゴリ ライトノベル ファイルファイル ZIP形式
閲覧数閲覧数 188 販売数販売数 1
平均評価平均評価 0 読了目安読了目安 約0分
タグタグ 個人出版 ラノベ SF
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで立方体都市を共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

コメントはまだありません

コメントこの作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます