「アロワナのユメ」「アロワナのユメ」

著者

鹿毛修司
鹿毛修司さん
プロフィールを見る
サラリーマンをしながら週1日のペースで書き続けています。 全国を転勤行脚したときのことが小説のベースになっていますので、全国様々な町を舞台にしています。(特に福岡は出身地です) ミステリーもホラー...
スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 500円
    • Exxxxxxxxxxx
    • 500円
    • 購入額: 500円
    • 3xxxxxxxxxxxxx
    • 500円
    • 購入額: 300円
    • 3xxxxxxxxxxxx
    • 300円
    • 購入額: 300円
    • 7xxxxxxxxxxx
    • 300円
    • 購入額: 100円
    • Fxxxxxxxxxxxxxx
    • 100円

概要・あらすじ概要・あらすじ

交通事故の現場にあのキーホルダーが落ちていたことから始まるホラーミステリー。
犯人はその持ち主を探し出すために見込み殺人を繰り返していきます。
実在する生命保険会社のとある支社を舞台に、名古屋、大阪、鹿児島などで引き起こされた完全犯罪を、3人の刑事が執拗に追い続けるのですが……思いもよらない結末が!
女性の逞ましい向上心と凄まじい執念を描きました。
出世の為に男性を次々と呑み込んでいく犯人の姿は、まるで肉食の古代魚「アロワナ」のようです。
カテゴリカテゴリ ミステリー・サスペンス ファイルファイル PDF形式
閲覧数閲覧数 2,466 販売数販売数 55
平均評価平均評価 5 読了目安読了目安 約326分
タグタグ 生命保険会社 連続殺人(ホラー) 女性管理職
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで「アロワナのユメ」を共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

Hiromi Fujii
Hiromi Fujii
★★★★★
ホラーミステリーというカテゴリー付けですが、長編サスペンスのような緊張感に包まれて読み、引き込まれていきました。エンディングに向かう頃にはハラハラドキドキが止まらず、いったい結末はどうなってしまうのかという期待と予想に完全包囲されてしまいました。主人公姉妹の数奇な生い立ちや運命、理不尽な試練、そして怒りや復讐という、心の奥底に沈積した重い怨念を餌に生き、社会では頭角を表してゆく様が、この肉食のアロワナの不気味に光る魚体に表されたのかと思いました。(ネタばれしちゃいますか?スミマセン)
2016-01-19 17:40:30
東 由里子
東 由里子
★★★★★
感興籠絡! ものすごい力強さで引き込まれました! 冒頭シーン‥‥ この導入の見事さは、読みながらずっと予想していた事を、 気持ちの良いほど裏切られた瞬間により一層鮮明に輝いて、激しい感動に繋がりました。 また、意表を突く繋がりに驚かされながらも、それぞれの心の弱さと温かさを感じずには 居られず、それでいてエンディングの桐子のファジーさには、人の心の闇を覗かせてもらったようで、心象風景を駆り立てられました。 展開のスムーズさはまさに、映画を一本見終わった!という感覚で、 勘に堪えない心地良さいっぱいになりました。 圧巻の逸品です!
2015-08-03 17:08:09
Shuzo  Takemoto
Shuzo Takemoto
★★★★★
何回か繰り返し読み返しました。 牛が草を食むように、読むほどにアジのある作品です。
2015-07-23 08:44:43
水谷真一郎
水谷真一郎
★★★★★
人の持つ激烈な痛みが、読むほどに胸を突き抜けました!作者の描写に感服!先走る気持ちを抑えられませんでした。力作です‼️
2015-07-22 19:02:13
花生 清実
花生 清実
★★★★★
感心するのは、作者の経験してきた出来事の積み重ねが、文章に表れている事に感心します。出てくる場景、人と人の会話のきめ細かさから感じとれる心の動き、読者にもラストに向けての推理させる構成は素晴らしい。思うに双子は同じ会社で判らなかったのか、愛は、これからの子どもがいる人に殺人までの行動を起こさせるのか等、考えさせられました。
2015-07-19 23:03:09
Miyuki Shimizu Kobayashi
Miyuki Shimizu Kobayashi
★★★★★
衝撃の始まりと、ちりばめられたエピソードが読み進めるたびに繋がっていき、逸る気持ちを抑えながら一気に読みました! 人物描写が細やかなのでまるで知り合いが目の前にいるかのような感覚で感情移入しました!美味しそうな食べ物もところどころに出てきて読んでる途中お腹すきました! 登場人物それぞれの情の深さと、それ故におこる切ない出来事。最後まですばらしい作品です!
2015-07-17 22:36:58
Minoru Nakamura
Minoru Nakamura
★★★★★
リアル過ぎ!!! 本当にあった話なのでしょうか?
2015-07-17 19:49:43