「わすれもの」「わすれもの」

著者

鹿毛修司
鹿毛修司さん
プロフィールを見る
サラリーマンをしながら週1日のペースで書き続けています。 全国を転勤行脚したときのことが小説のベースになっていますので、全国様々な町を舞台にしています。(特に福岡は出身地です) ミステリーもホラー...
スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する
Bitcoinバックの対象商品です10円分のBitcoinをキャッシュバック


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 1,000円
    • 1xxxxxxxxxxxx
    • 1,000円
    • 購入額: 850円
    • 3xxxxxxxxxxxxx
    • 850円
    • 購入額: 500円
    • 5xxxxxxxxxx
    • 500円
    • 購入額: 500円
    • 6xxxxxxxxxxxxxxxxxx
    • 500円
    • 購入額: 500円
    • 7xxxxxxxxxxx
    • 500円

概要・あらすじ概要・あらすじ

転勤を繰り返している初老の男が、ある日、卒業以来初めて高校の同窓会に出席する。そこで大事なわすれものをしていたことを知らされる。それには当時の恋人雪乃の想いが溢れんばかりに込められていた。
彼は雪乃の想いを叶えるために、今の仕事と地位を捨てて若いころの夢を追い始める。
―その先に待っているものとはー 
紫陽花の季節に送る。癒しの一作「わすれもの」
人生の「わすれもの」がたくさん散りばめられています・・・・・・。
カテゴリカテゴリ 小説 ファイルファイル PDF形式
閲覧数閲覧数 3,276 販売数販売数 84
平均評価平均評価 5 読了目安読了目安 約160分
タグタグ サッカー 家族愛 鹿児島・福岡博多
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで「わすれもの」を共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

Hiromi Fujii
Hiromi Fujii
★★★★★
読んでいる間、私の頭の中では映像が流れ、声も出て まるで映画のようにストーリーは進みました。結末にも大満足でした。
2015-12-27 16:52:39
Shinya Uchimura
Shinya Uchimura
★★★★★
凝縮されたエピソードにそれぞれ自分に重ね合わせて、想像してしまう青春の思い出! と、現実!自分の事としても、一気に読める。
2015-07-18 19:55:00
花生 清実
花生 清実
★★★★★
あっという間に読み終えてしまいました。小説の構成も、しっかり出来ていて素晴らしいと思います。同世代の家庭、仕事、青春時代の思い出と誰でも起きる内容も大変、よかったと思います。
2015-07-16 19:10:38
水谷真一郎
水谷真一郎
★★★★★
忘れものと言う探しものを見つけ、人生観が変わりました。ありがとう!しかありませんん!
2015-07-12 21:29:35
Miyuki Shimizu Kobayashi
Miyuki Shimizu Kobayashi
★★★★★
情景が浮かびやすく、感情移入し一気に読めました。 登場人物すべてに感じる思いやりと、長い年月を経て実を結ぶ思いが、忘れ物につまっていてジーンときました!
2015-07-10 15:35:34
Minoru Nakamura
Minoru Nakamura
★★★★★
一気に読み何度か涙しました。自分にもわすれものがあることに気付きまた涙しました。
2015-07-02 19:03:08
東 由里子
東 由里子
★★★★★
淡々と歳を重ね過ぎて行く日々のなか 「そういえば‥私も‥‥」と‥。 ふと、健気に人を好きになった事がある、遠い昔にタイムスリップして、一気に読めました 。 散りばめられた点と点が、長い年月をかけて線で結ばれていく様は、やんわりミステリーを含んでいるようで面白かったです。 また、所々私にとって琴線に触れる場面があり、泣かされましたねぇ。 そして、自分では叶えられない想いを、主人公の潔い決断に乗せて叶えてもらえたような気がして、読み終わった時には爽やかな風を感じる作品でした。 英文を思わせるような文章の言い回しも、面白いと感じました。
2015-07-01 12:43:56
Shuzo  Takemoto
Shuzo Takemoto
★★★★★
味のある良い作品です。大好きになりました。
2015-06-30 16:52:04